世界への搭乗口として世界のランキングや観光、留学、ビジネス、地域などの情報を幅広く世界をテーマに紹介しています。

【ランキング】世界の国別ネットユーザー数と人口比率(普及率)

Ad


2012年にinternetworldstats.comから最新のネットユーザー数や普及率が発表されています。





まずは2011年12月31日時点全世界のインターネットユーザー数について。全世界のインターネットユーザー数は、約20.9億人。地域別の割合をでは、アジアが44.8%、ヨーロッパが22.1%,北アメリカが12.0%となっている。







2010年まで日本は2位だったものの、2011年に3位へ。日本の普及率は80.0%と非常に高く今後の伸びは期待ができない。



世界国別のインターネットユーザーランキングTOP10

順位ユーザー数普及率
1位中華人民共和国513,100,00038.4%
2位アメリカ合衆国245,203,31978.3%
3位インド121,000,00010.2%
4位日本101,228,73680.0%
5位ブラジル81,798,00042.2%
6位ドイツ67,364,89882.7%
7位ロシア61,472,01144.3%
8位インドネシア55,000,00022.4%
9位イギリス52,731,20984.1%
10位フランス50,290,22677.2%

【参考:internetworldstats.com


当たり前ですが、人口が多い国が上位に目立つも意外にインドの人口が少ないことがわかる。他のインドネシアも普及率では低く、インフラの整備や貧富の差が物語っている。しかし、普及率がインドは10.2%、インドネシアは22.4%と見ると普及していくとアメリカのユーザー数に迫り、潜在的に大きな成長の可能性があります。ネット業界がインドやブラジル、インドネシアなど進出している通り、マーケットの拡大が見込めます。

世界国別のインターネット普及率ランキングTOP10

順位ユーザー人口比率
1位アイスランド97.8%
2位ノルウェー97.2%
3位スウェーデン92.9%
4位フォークランド諸島92.9%
5位ルクセンブルグ91.4%
6位グリーンランド90.2%
7位オーストラリア89.8%
8位オランダ89.5%
9位デンマーク89.0%
10位フィンランド88.6%

【参考:internetworldstats.com

インターネットユーザー数を人口比でみると普及率上位は北欧が多く見られる。日本の近くで言うとオーストラリアが7位、ニュージーランドが12位だった。サムスンやLG、NEVERで有名な今インターネット関連に強い韓国は17位。カナダは19位、アメリカは27位だった。では日本はというと23位でした。

下位層を見てみるとミャンマーが0.2%、リベリアが0.5%、エチオピアが0.7%と貧困国が目立つ。

おすすめ記事
海外旅行保険付きクレジットカード