世界への搭乗口として世界のランキングや観光、留学、ビジネス、地域などの情報を幅広く世界をテーマに紹介しています。

ランキング:世界で最も住みやすい都市2016

Ad

イギリス・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテルジェンス・ユニット(EIU)」が発表した「世界で最も住みやすい都市ランキング2016」。

高い信頼性を誇るEIUの調査に基づくランキング。調査は世界140カ国を対象に行われ、安全性、医療、文化・環境、教育、インフラの5項目で評価される。

EIU は60年以上の歴史があり、ロンドン・ニューヨーク・香港をはじめ東京・シンガポール・ソウルにもオフィスを置く。各国担当のアナリストで構成される編集チームを擁し、政治経済に関する詳細な分析、予測やデータを提供する。その分析の独立性の高さから、企業、金融機関、政府機関など世界中の各界から高い評価を得ている。

今年1位に選ばれたのはオーストラリアのメルボルン。6年連続でトップの座を守っており、得点も100点満点中97.5点という高得点である。

住みやすいとは具体的にどのような環境か。

ビクトリア州政府観光局によると、メルボルンの街並みは19世紀の雰囲気を残す建造物と近代的なビルが融合している。緑豊かな公園が多く「ガーデンシティ」とも呼ばれている。全豪オープンテニスやFIグランプリなど国際的なイベントも多く開催され、グレートオーシャンロード、フィリップ島などの観光要素も豊富。世界的に評価の高い食文化など魅力は多彩であり、年間約230万人の観光客が訪れているという。このほか、メルボルンを筆頭に、オーストラリアとカナダからそれぞれ3都市がトップ10入りしている点も注目だ。

順位 都市 点数
1位 メルボルン オーストラリア 97.5点
2位 ウィーン オーストリア 97.4点
3位 バンクーバー カナダ 97.3点
4位 トロント カナダ 97.2点
5位 カルガリー
アデレード
カナダ
オーストラリア
96.6点
7位 パース オーストラリア 95.9点
8位 オークランド ニュージーランド 95.7点
9位 ヘルシンキ フィンランド 95.6点
10位 ハンブルク ドイツ 95.0点
おすすめ記事
海外旅行保険付きクレジットカード