世界への搭乗口として世界のランキングや観光、留学、ビジネス、地域などの情報を幅広く世界をテーマに紹介しています。

ランキング:世界で最も稼ぐコメディアン2016

Ad

アメリカ経済誌の「フォーブス」が毎年まとめる「世界で最も稼ぐコメディアンランキング」。

収入をもとに算出。「収入」は手数料や税引き前の金額とし、ライブや広告、映画、テレビ番組への出演や営業、DVDの売上を含む。

算出に当たっては、「ポールスター」のほか、映画の興行成績を集積・分析する「ボックス・オフィス・モジョ」、俳優・映画・テレビ番組のデータベース「IMDB」がまとめた数字に加え、エージェントやマネジャー、弁護士、業界関係者へのインタビューの内容を加味している。

これまで10年に渡り発表されているランキングの順位に、今年大きな変動があった。

ランキングの開始以降、1位を守り続けてきたジェリー・サインフェルドが、ついに栄冠を奪われた。

トップの座に君臨したのはケヴィン・ハート。

6月までの1年間で8,750万ドル(約87億7000万円)を稼ぎ、2位のサインフェルドに4,000万ドル以上の差をつけた。

最も大きな要因は、ライブ活動に力を入れたこと。1年間でこなしたライブの数は100を超えた。

ロックスターと違い、スタンドアップコメディアンに必要なセットはスツール1脚のみで、懐に残る金額も大きい。

ライブに加え、多数の映画、テレビ番組への出演、現代(ヒュンダイ)自動車やH&Mの企業広告など、幅広く活躍した。

このほか、エイミー・シューマーが4位につけ、女性コメディアンで唯一かつ史上初のランク入りを果たした。

エミー賞を獲得した看板番組「インサイド・エイミー・シューマー」や書籍の出版、多数の広告出演も収入増に寄与した。

彼女はラジオ番組で、「(男女の)賃金格差がなくなって、人々から『あなたは私のお気に入りの女性コメディアン』ではなく、『あなたは私のお気に入りのコメディアン』と言われるようにならない限り、まだ変革の余地があると感じる」と語り、お笑い界の根強い男女格差について触れている。

順位 名前 金額
1位 ケヴィン・ハート(Kevin Hart) 8750万ドル
2位 ジェリー・サインフェルド(Jerry Seinfeld) 4350万ドル
3位 テリー・フェイター(Terry Fator) 2100万ドル
4位 エイミー・シューマー(Amy Schumer) 1700万ドル
5位 ジェフ・ダナム(Jeff Dunham) 1350万ドル
6位 デイヴ・シャペル(Dave Chappelle) 1300万ドル
7位 ジム・ガフィガン(Jim Gaffigan) 1250万ドル
8位 ガブリエル・イグレシアス(Gabriel Iglesias) 950万ドル
9位 ラッセル・ピーターズ(Russell Peters) 900万ドル
10位 ジョン・ビショップ(John Bishop) 700万ドル

世界の芸人収入番付、K・ハートが王者サインフェルド抜き首位 A・シューマー、女性初のランク入り/Forbes japan

おすすめ記事
海外旅行保険付きクレジットカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です