世界への搭乗口として世界のランキングや観光、留学、ビジネス、地域などの情報を幅広く世界をテーマに紹介しています。

ランキング:世界の最も稼ぐテレビ司会者2016

Ad

アメリカの経済誌の「フォーブス」が今年初めてまとめた「世界で最も稼ぐテレビ司会者」ランキング。

2015年6月1日~16年6月1日のマネジメント手数料・税引き前の収入が対象。

視聴率のリサーチ会社「ニールセン」や、俳優・映画・テレビ番組のデータベース「IMDB」のデータに加え、エージェントやマネジャー、弁護士へのインタビュー内容も加味して算出している。

アメリカのテレビ業界では、俳優はさることながら司会者の収入もまた破格だ。ランキング上位20人の収入総額は、4億9,800万ドルにのぼった。

1位に輝いた米タレント医師のフィル・マグローは、対象の1年間に8,800万ドル(約91億円)を稼いだ。自身が設立したペテスキ・プロダクションが制作するCBSテレビの昼番組「ドクター・フィル」からの多額の収入や、高齢者団体AARPや製薬会社アストラゼネカとの契約、トーク番組「ザ・ドクターズ」のプロデュースなどにより、今年の年収は跳ね上がり、自己最高額を記録した。

2位のエレン・デジェネレスも、自身の看板番組「エレン・デジェネレス・ショー」で多額の報酬を獲得。同番組は360万人が視聴し、番組内のゲームを基にしたモバイルアプリ「Heads Up!」も2,550万ダウンロードを記録する人気だ。また、化粧品メーカー、カバーガールとの契約や、アニメ映画「ファインディング・ドリー」の声優などでも活躍し、幅広く収入を得ている。

デジェネレスに加え、女性司会者は4位のジュディ・シェインドリンや6位のハイディ・クルムら計6人がランク入りした。

順位 名前 金額
1位 フィル・マグロー(Phil McGraw) 8800万ドル
2位 エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres) 7500万ドル
3位 ライアン・シークレスト(Ryan Seacrest) 5500万ドル
4位 ジュディ・シェインドリン(Judy Sheindlin) 4700万ドル
5位 マット・ラウアー(Matt Lauer) 2500万ドル
6位 ハイディ・クルム(Heidi Klum) 1900万ドル
7位 ビル・オライリー(Bill O’Reilly) 1850万ドル
8位 ロビン・ロバーツ(Robin Roberts) 1800万ドル
9位 ケリー・リッパ(Kelly Ripa)
マイケル・ストレイハン(Michael Strahan)
1700万ドル
11位 アレックス・トレベック(Alex Trebek) 1650万ドル
12位 メーガン・ケリー(Megyn Kelly)
スティーヴン・コルベア(Stephen Colbert)
パット・セイジャック(Pat Sajak)
ジョージ・ステファノプロス(George Stephanopoulos)
ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)
1500万ドル
17位 スティーブ・ハーベイ(Steve Harvey) 1450万ドル
18位 ドリュー・キャリー(Drew Carey)
コナン・オブライエン(Conan O’Brien)
1250万ドル
20位 ジミー・キンメル(Jimmy Kimmel) 1200万ドル

世界で最も稼ぐ司会者は誰だ? 1位は米タレント年収91億円/Forbes japan

おすすめ記事
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です