世界への搭乗口として世界のランキングや観光、留学、ビジネス、地域などの情報を幅広く世界をテーマに紹介しています。

ランキング:世界の給料が高い国。1位はルクセンブルグ。日本は17位。

Ad

ネプ&イモトの世界番付で紹介されていたランキング。

世界71ヵ国を対象に自営業を覗く男女の月収を経済格差をふまえ算出しランキング化したものです。

順位国名月収
1位ルクセンブルグ351,000円
2位ノルウェー316,000円
3位オーストリア298,000円
4位アメリカ280,000円
5位イギリス263,000円
  
17位日本217,000円
  
23位南アフリカ158,000円

出典:BCCワールドニュース2009より

【AD】

上位は欧米が多いですね。

1位のルクセンブルグって?これは都市の名前ではなく、国になります。場所はドイツの隣に位置し人口は約52万人と小さな国です。1970年代のオイルショック以降に国の経済基盤を鉄鋼業から金融業に以降したところ、景気は右肩あがりに。2011年の1人あたりのGDP(国内総生産)は世界1位です。経済が安定しているため、給料も高い要因のようです。

日本は豊かなイメージですが、世界では給料が高い国ではないようです。ただ、ヨーロッパは日本と違い税金が高いということで賃金も高いということはあるかもしれません。

国世界の給料事情

スイス

そもそも物価が高いと有名ですね。つまり、給料も高くないと生活できないですよね。

例えば、レジのアルバイトは時給1,500円、家のお手伝いさんは時給2,500から3,000円ももらえるそうです。ちなみに1.5リットルの水は約950円もするそうです。

アメリカ

アメリカって聞くだけでもちろん貧富の差などあるものの社員待遇など日本では考えられないようなことをしていますよね。

例えば、Googleですが、以前世界のIT企業の平均月収ランキングで紹介しましたが、社員が亡くなった場合、給料の50%を10年間払い続けるんです。他にも前回紹介していませんが、亡くなった社員の子供に対しても19歳まで毎月9万円が支払われます。

イギリス

イギリスでは面白い仕事としてエリザベス女王のメイドの仕事があるという。この仕事は住み込みで掃除や来客の接待など。では給料はというと女王のメイドだから高いかと思いきや、年収約180万円。ただ名誉が与えられますし、簡単に就職できるわけではないです。

南アフリカ

南アフリカで稼げる仕事はやはりアフリカならではのもの。それはプライベートサファリだそうです。プライベートサファリは個人で行う野生動物ツアーガイド。ただし、野生動物の習性などをよく知っていないとライオンに襲われるなど恐ろしいこともあるそうです。

【AD】

世界のあるある事情

日本ではよく聞く初任給で両親にプレゼントをすることは海外であるのでしょうか。

イランでは親に残るものをプレゼントするそうです。イランでは金が有名なので金のネックレスやブレスレットなどをおくるそうです。

インドはまずお寺に行って報告し、残ったお金は両親にすべて渡すそうです。親は子供が結婚するまで貯めておき結婚するときに子供に返すそうです。

ナイジェリアではボビーが言っていることなので信用性が薄く感じる私ですが、インパラの片足を買って親に渡すそうです。その理由はインパラの足に祈願すると今後の成功する効果があると考えられているためのようです。

ブラジルではお金をそのまま渡して好きに使ってと渡すことが多いようです。

ボーナスはあるのでしょうか。またボーナスを貰っても家のローンの返済などで消えることはあるのでしょうか。

タイでは借金をすることで働く原動力になるため、ローンを組む人が多いようです。またボーナスを頭金として別のローンを組む人もいるそうです。

イタリアではクリスマス時期にはボーナスの他にワインなどの食品を貰うこともあるそうです。ボーナスがある場合でも光熱費は2ヶ月や3ヶ月に1回のため、その光熱費にあてることも多いようです。

中国ではボーナスをお金で貰える会社はまだ少ないようです。よってりんごや魚、お米、オイルなどもので支給されることもあるようです。一方で儲かっている会社ではボーナスが給料の27ヶ月分の自動車メーカーもあるようです。

フィンランドはボーナスという制度はないようです。しかし夏休みの有給休暇が4週間ぐらいあり、その4週間でやはりみんな旅行などお金を使うことがあるため、休暇明け手当がもらえるそうです。この休暇明け手当は休んだ期間の約半分の給料がもらえるそうです。一応法律では決められているものではないそうです。ではなぜかというと中国では聞いたことありますが、休み明けに会社に戻ってきてほしいのでそうやって支給するようです。

フィリピンでは会社にもよりますが、ボーナスではなくハムやチーズを貰うことがあるそうです。フィリピンでは丸い食べ物が縁起物とされているためだそうです。

おすすめ記事
海外旅行保険付きクレジットカード