Breaking News
Home / 海外の気になる◯◯ / 【ランキング】世界の国別冬季オリンピック総メダル獲得数。ノルウェーが全てのメダル数で1位。

【ランキング】世界の国別冬季オリンピック総メダル獲得数。ノルウェーが全てのメダル数で1位。



ネプ&イモトの世界番付で紹介されていたランキング。

いよいよ、ソチオリンピックが2014年2月7日より開催されます。

そこで今回は世界の冬季オリンピックの総メダル獲得数をランキング化したものを紹介。

順位 個数
1位 ノルウェー 303個
2位 アメリカ 253個
3位 オーストリア 201個
4位 ドイツ 188個
   
11位 ロシア 91個
   
13位 韓国 45個
   
15位 日本 37個

出典:IOCホームページのデータをもとに番組が制作
(メダル獲得し現在IOCに承認されている国と地域を対象)

世界各国の冬季オリンピック種目事情


ノルウェー

1位のノルウェーのメダルの内訳は・・・・・

  • 金メダル 107個
  • 銀メダル 106個
  • 銅メダル  90個

すべてのメダルの獲得数で1位とのこと。ちなみにクロスカントリーやジャンプ、ノルディック複合はノルウェー発祥といわれ、約4,500年前からスキー板を使用していたようです。

また、「ノルウェー人はスキーを履いて生まれてくる」と言われるぐらい国民的スポーツのようです。

日本

日本のメダルの内訳は・・・・

  • 金メダル  9個
  • 銀メダル  13個
  • 銅メダル  15個

日本の金メダルで感動の金メダル番付として番組で3つ紹介されていた。

3位は、長野オリンピックでモーグルの里谷多英選手が獲得した金メダル。これは、冬季オリンピック史上日本女子初の金メダル。

2位は、2006年のトリノオリンピックでフィギュアスケートの荒川静香選手が獲得した金メダル。これは日本女子フィギュアスケート初の金メダル。

1位は、長野オリンピックでスキージャンプ団体が獲得した金メダル。2本ジャンプをするのだが、1本目日本人みんな成功し1位を取る中で失敗した原田選手。1位から4位まで転落する。しかし、2本目に原田選手は今大会最長飛行距離137mの大ジャンプでを見せる。そして最後のジャンパー船木選手へ想いを託す原田選手の映像は心の底から想いを託しているのが見ている側にも伝わった感動のもの。

番組ではイモトと女子ジャンプで輝かしい成績を残しているソチオリンピック代表の髙梨沙羅選手が似ていると言われていました。

確かに。。。

ロシア

今回開催されるロシアのソチ。今回の聖火リレーは史上最長距離と言われているそうです。というのもロシア全地域で65,000km、そして人類史上初、11月には宇宙船「ソユーズ」で宇宙にも運ばれ、宇宙でもトーチが運ばれたそうです。

そんなトーチの火が消えるというアクシデントがあったそうです。トーチの火は道を歩いている人のZIPPOライターで火がつけられています。

タバコの火をつけてあげるんじゃないんだから。。。w

一応、その後に種火から再点火したそうです。

ドイツ

ドイツは荒川静香選手の代名詞とも言われる「イナバウアー」発祥の技らしいです。

この「イナバウアー」は人名で1950年代に旧西ドイツで活躍したフィギュアスケーターの「イナ・バウアー」さんがやった技らしいです。番組で荒川静香選手がゲストとして出演しており、荒川静香選手曰く、みんなイナバウアーを反ることだと思っているが、反ることはレイバックというもので、イナバウアーとはつま先を180度に開いて真横に滑ることらしいです。

つまり、荒川静香選手がやっていたのは「レイバック・イナバウアー」というものだったらしいです。

私も反って滑っていることだと思っていましたが、足元のことだったんですね。。。

アメリカ

アメリカでアメリカ代表になりたくて事件を起こしてしまった女性がいるそうです。

その人はトーニャ・ハーディングというフィギュアの選手で、彼女は代表になりたくて、トーニャ・ハーディング選手の元夫がライバルだったナンシー・ケルガン選手を棒で足を殴って怪我をさせた。

トーニャ・ハーディング選手は疑惑の中オリンピックに出場し8位となった。一方特例でナンシー・ケルガン選手もオリンピックに出場し銀メダルを獲得。トーニャ・ハーディング選手は、オリンピック後に事件への関与を認め、スケート界から追放されたそうです。

・・・と終わったはずですが、トーニャ・ハーディング選手はなんとフィギュアスケートから転身し、プロの格闘家になったそうです。

すごい。。。。

ブラジル

ブラジルなどの南国から参加することは珍しくない。ブラジルで最も有名な選手としてジャケリーネ・モウラォンという選手がいて、冬はクロスカントリー、夏はマウンテンバイクの選手として活躍しているそうです。夏季と冬季のオリンピックを合わせて4回オリンピックに出場しているそうです。

彼女の練習方法が変わっており、砂丘でクロスカントリーの練習しているんだそうです。鳥取砂丘でも砂丘をスキーやスノーボードで滑るのはイベントなどで見たことありますが、まさか砂丘で練習とはすごいですね。。。。

ちなみに日本人で初めて夏季と冬季両方のオリンピックに出場したのは橋本聖子でスピードスケートで4回、自転車競技で3回の計7回の日本人最多出場しているそうです。

韓国

韓国と言えば、やはりキム・ヨナ選手。もともと韓国ではフィギュアスケートは未知なスポーツだったらしいが、国民の妹と言われるキム・ヨナ選手が有名になり、フィギュアスケートも有名になったそうです。ちなみに韓国ではオリンピックで金・銀・銅のメダルを獲得すると兵役が免除されるそうです。

オーストラリア

オーストラリアではオリンピック史上最高のラッキーボーイと言われ、ラッキーすぎる金メダリストとしてショートトラックの選手、スティーブン・ブラッドバリー選手。これは私も記憶にあります。彼は2002年のソルトレイクシティオリンピックで準々決勝では先にゴールした選手が失格で準決勝へ進出でき、準決勝では前の選手が転んだため、決勝へ進出。決勝では断トツで最下位で滑っていたのですが、これもまた前の選手全員が転んだために金メダルを獲得できた。運も実力のうちですね。

イギリス

イギリスのボブスレーのジリアン・コーク選手が世界選手権で恥ずかしい姿が放送されたそうです。

それは・・・説明するより映像を見てください。。。。

彼女はそのまま滑り7位だったそうです。

【関連記事】


About globature

One comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top